編集

元に戻す

操作を元に戻します。
エクスプローラーなど他のプログラムで行った操作も、元に戻す対象になります。

切り取り

選択されているファイルをクリップボードに切り取ります。
切り取りを行った瞬間は何も起こらず、貼り付けを行うことによってファイルが移動されます。
切り取りを行ってもエクスプローラーのように見た目が変わらないのは手抜きです。

コピー

選択されているファイルをクリップボードにコピーします。

貼り付け

クリップボードのファイルを現在のフォルダに貼り付けます。

削除

選択されているファイルを削除します。

名前の変更

選択されている項目の名前を変えます。

選択

すべて選択

すべてのファイルとフォルダを選択します。

ファイルをすべて選択

すべてのファイルを選択します。

フォルダをすべて選択

すべてのフォルダを選択します。

選択の反転

ファイルの選択状態を反転します。
現在選択されているファイルの選択が解除され、選択されていないファイルが選択状態になります。

ユーザープロパティ

選択されている項目のプロパティを設定します。
ユーザープロパティダイアログ

ユーザープロパティの削除

選択されている項目のプロパティを削除します。
フォルダを選択している場合、フォルダ内の項目のプロパティまでは削除されません。
フォルダ内の項目のプロパティも削除したい場合は、[ユーザープロパティ] を実行して [フォルダ内の項目にプロパティを設定する] にチェックを入れ、[すべてクリア] ボタンを押してプロパティを削除してください。

評価

選択されている項目の評価を設定します。

ラベル

選択されている項目のラベルを設定します。

タグ

選択されている項目のタグを追加します。
ここに表示するタグは、ユーザープロパティの設定にある [タグのプリセット] で設定することができます。

項目をマーク

選択されている項目をマークします。
マークは、フォルダを移動したり起動し直した時には復元されません。

マークした項目を選択

マークされている項目を選択します。
Ctrl キーを押しながらメニューを選択すると、現在選択されているファイルの選択状態が維持されます。

色分けされた項目を選択

色分けされている項目を選択します。
色分けとは、フィルタを使って条件に一致する項目の色を変えることができる機能です。
Ctrl キーを押しながらメニューを選択すると、現在選択されているファイルの選択状態が維持されます。

情報をコビー

パスをコピー

選択されている項目のパスをクリップボードにコピーします。
コピーされる形式はクリップボードの設定で指定します。

名前をコピー

選択されている項目の名前をクリップボードにコピーします。
コピーされる形式はクリップボードの設定で指定します。

画像をコピー

選択されているファイルの画像をクリップボードにコピーします。

新規フォルダ

新規フォルダを作成します。

新規ファイル/フォルダ(詳細)

名前などを指定して新規ファイル/フォルダを作成します。
新規ファイル/フォルダ(詳細)ダイアログ

新規作成

新規ファイルを作成します。
項目が表示されない場合、エクスプローラを起動して一度新規作成メニューを表示させてください。