コマンドラインのフォーマット変換

PictureFanCLI.exe を使用して、コマンドラインでのフォーマットの変換が行えます。
実際の変換処理は PictureFanCLI.exe から PictureFan.exe を呼び出して行いますので、PictureFanCLI.exe を単独で抜き出しても実行できません。

フォーマットの変換時には以下のオプションが指定可能です。

in-file-list変換を行うファイルのリストファイルを指定します。
out-dir出力先フォルダを指定します。
out-file出力ファイル名を指定します。変換するファイルが一つの場合のみ有効です。
out-format変換するフォーマットを指定します。
format-optionsフォーマットの保存設定ファイルを指定します。
format-propフォーマットの保存設定を指定します。
rename-formatファイル名変換の書式を指定します。
rename-regexpファイル名変換の正規表現を指定します。
rename-regexp-optionsファイル名変換の正規表現のオプションを指定します。
i を指定すると大文字と小文字を同一視します。
rename-digitsファイル名変換の連番の最小桁数を指定します。
rename-first-numberファイル名変換の連番の開始番号を指定します。
rename-number-stepファイル名変換の連番の増分値を指定します。
skip-errorエラーを無視して処理を継続するようにします。
threads処理スレッド数を指定します。
process-list行う処理のリストファイルを指定します。
commentコメントを指定します。
keep-write-time更新日時を維持します。
show-format-list変換可能なフォーマットの一覧を表示します。

PictureFanCLI.exe をオプション無しで起動すると、オプションの一覧が表示されます。

変換の指定方法

一つのファイルを変換する場合、以下のように指定します。

PictureFanCLI 変換元ファイル /out-file 変換先ファイル

変換されるフォーマットは、/out-file で指定されたファイル名の拡張子を元に決定されます。
また、/out-format で変換されるフォーマットを指定することもできます。

/out-format jpeg

なお、/show-format-list で利用可能なフォーマットの一覧を表示することができます。

複数のファイルを変換する場合、ファイル名を直接指定するか、/in-file-list でファイルリストを指定します。
ファイルリストは、1行に一つのファイルのパスを記述したテキストファイルです。
ファイル名の指定とファイルリストの指定を混在させたり、複数の /in-file-list を指定することもできます。
複数のファイルを変換する際は、/out-format で変換するフォーマットを指定する必要があります。

PictureFanCLI 変換元ファイル1 変換元ファイル2 ... /out-format jpeg
PictureFanCLI /in-file-list 変換元ファイルリスト /out-format jpeg

ファイル名の変換を行うには、/rename-format でファイル名の書式を指定します。

/rename-format out_$(number).jpg

出力先のフォルダを指定するには、/out-dir を使用します。

/out-dir C:\Output

/out-dir を指定しない場合、/out-file が絶対パスの場合はそのパスに、相対パスの場合はカレントフォルダを基準としたパスに保存されます。

フォーマットの保存オプションを指定するには、/format-prop を使用します。

/format-prop Quality=90 /format-prop Progressive=true

また、一括変換ファイルタブにある [保存する形式] の [保存] ボタンから保存された、設定ファイルを指定することもできます。

/format-options jpeg_options.txt

保存オプションは多数ありますが、以下に代表的なものを示します。
すべての保存オプションを見るには、設定ファイルをテキストエディタで開いてみてください。

JPEG
Quality=品質圧縮品質(1~100)
Progressive=trueプログレッシブ
PNG
CompressionLevel=レベル圧縮レベル(0~9)
Interlace=trueインターレース

フィルタ処理

一括変換時に各種フィルタ処理を行いたい場合、まず一括変換ダイアログの処理タブで行いたい処理のリストを保存し、/process-list に指定します。

/process-list filters.txt